• ホーム
  • スクール概要
  • 出版物紹介

出版物紹介

脳のワーキングメモリを鍛える 速読ジム

脳のワーキングメモリを鍛える 速読ジム日本実業出版社
■ 定価 本体1,400円+税

 知的作業全般に必要な「ワーキングメモリ」(一時的な作業記憶)を鍛える、豊富な教材を一挙公開。知的作業に携わるすべての方にお薦めできるトレーニングブックです。

 読書のための総合トレーニングである「BTRメソッド」は「認知視野の拡大」「読書内容への集中」「読書トレーニング」の3つの柱で構築されています。そのなかでも、とくに「読書内容への集中」のトレーニングの数値が高い生徒さんほど、知的作業全般に対して、高い成果をあげていることがわかっています。
 そこで本書では、「読書内容への集中」のトレーニングだけをピックアップしました。資格試験に挑戦している方、難関大学・高校の合格を目指している方、企業のナレッジワーカー(知識労働者)など、頭脳をハードに使う方にチャレンジしていただきたい内容になっています。

 各トレーニングの達成度を測る「レベルチェック表」、レベルごとの詳しいアドバイス、トレーニングに対する生徒さんの一口コメント、『速読らくらくエクササイズ』にも登場した「池袋博士」のアドバイスなど、トレーニングを取り組みやすくする様々な工夫を盛り込みました。そのため、一人でトレーニングする方でも、全力を出し尽くせる本になっています。
 巻頭には卒業生である瀧本哲史さんに推薦文をいただきました。また、具体的な成果として、巻末に「クリエイト速読スクール公式ブログ」にもしばしば登場する、田上雪音さんと梅木恒さんによる受講体験記を掲載しました。モチベーションの保ち方や実生活上での効果など、ぜひ読み込んでほしい「体験記」です。

瀧本哲史さん推薦文

ご購入はこちら(AMAZON)

試験に受かる1日15分速読勉強法

試験に受かる1日15分速読勉強法日本実業出版社
■ 定価 本体1,300円+税
■ 5刷

 『キャリアが高まる1日15分速読勉強法』をリニューアル! 基本メニューを除き、トレーニングを新たな問題に一新しました。

 経験者に聞く速読をフル活用した勉強法! 「効率よく勉強して最短最速で試験に突破したい」と願う人は多いもの。世の中には多くの勉強法がありますが、結局、文章を理解しながら速く読むことができれば、限られた時間を有効に使えるのは言うまでもありません。速読実践者たちが試験勉強をどう乗り越え合格に結びつけたか、その声を聴けば、数多くの具体的な手法が見つかります。

 1日15分のトレーニング体験をしたあと、1週間トレーニングにチャレンジ! 本書では、スクールで実際に使われている速読トレーニング問題を惜しみなく掲載しています。まずは1日15分のトレーニングメニューを体験して速読の感覚をつかみ、そのあとで全メニューを7日間続けてください。

ご購入はこちら(AMAZON)

キャリアが高まる1日15分 速読勉強法

キャリアが高まる1日15分 速読勉強法日本実業出版社
■ 定価 本体1,200円+税

 成功者続出!
 難関資格、外国語、MBA、仕事……
 速度3倍、効率10倍アップ!

 「最短最速で効率よくステップアップしていきたい」と考えるあなたに、知る人ぞ知る「クリエイト速読スクール」の最強メソッドを公開します。

 本誌では「成功者のインタビュー」と「具体的なトレーニングメニュー」を一挙掲載。成功者の方々のBTRメソッドの活かし方を参考にしながら、トレーニングに向き合ってみてください。

 まずは、本誌の「1日15分トレーニングメニュー」を試してみましょう。要領がつかめたら、「7日間トレーニング」を体験してください。「目と脳のコラボレーション」が実感できるはずです。

※好評につき、本誌は『試験に受かる1日15分速読勉強法』として単行本化されました。
そのため、現在では書店での取り扱いがありません

らくらく速読ナビ日本実業出版社刊
■ 定価 本体1,000円+税
■ 12刷

 2004年12月に前著『速読らくらくエクササイズ』が出版され、もうすぐ1年が経とうとしています。

 一見すると地味な内容にもかかわらず、読者の方々から「速読の練習はこれほど多様なものなのか」「納得しやすい内容だった」「もっと他のトレーニングを公開してほしい」……など、好意的な感想をたくさんいただきました。

 とくに、その中でも多かったのは、「トレーニング(ドリル)部分をもっとたくさん載せてほしい」という要望でした。このような声に応えて、このたび『即効マスター らくらく速読ナビ』を出版するはこびとなりました。

 本書は、初心者の方が速読体験しやすい全8回分のトレーニングをプログラムしています。これにより、「自分の能力はまだまだブラッシュアップできる」という実感を得ていただければこれにまさる喜びはありません。

 “脳に汗をかく”ように構成してあります。どうぞ、真正面から各トレーニングに挑戦してください。
(はじめにより)

ご購入はこちら(AMAZON)

速読らくらくエクササイズ

速読らくらくエクササイズ日本実業出版社刊
■ 定価 本体1,400円+税
■ 28刷

 クリエイト速読スクールの新刊。イラストをたっぷり使っているので、BTRメソッドの特長とエクササイズの方法が、簡単に、楽しく理解できます。

 本書のエクササイズで、あなたの毎日が180度変わります!司法試験合格者12年連続輩出、東大合格者も多数、TOEICテストでは990点ゲット、通信教育のユーキャンでも人気爆発の速読法がスポーツ感覚でサクッと身につく!!
(帯文より引用)

第1章 BTRメソッドとは何か(全)

ご購入はこちら(AMAZON)

知的速読の技術 ―BTRメソッドへの招待―

知的速読の技術■ 日本能率協会マネジメントセンター刊
■ 定価 本体1,456円+税
■ 9刷

 BTRメソッドについて、さらにくわしく解説されています。

内容詳細

ご購入はこちら(AMAZON)

頭脳を覚醒させる速読の技術

 速読、つまり本を速く読み理解するという技術は昔からある。ケネディ大統領は速読に長けていたというし、韓国の速読の天才少年の話も聞く。しかし、逆に一部の驚異的な速読能力者ばかりがクローズアップされた結果、速読そのものが十分な社会的信用を得ているとは言いがたい状況にある。本書は、速読の効用とその意義を、社会的に定着させることを意図している。著者の主催する「クリエイト速読スクール」では、速読は決して特殊な能力ではないと言う。読書の意義は何より読解力を高めることにあるが、それ以前の「活字慣れ」として現れてくる諸能力を訓練で高めることによって読書の質を向上し、能率を上げることができるのではないかというのが、このメソッドの出発点だ。本書の中には、きわめて具体的なトレーニングの方法が、呼吸法から始まってシートによる訓練まで、実際的に解説されている。 知的能力を高める手段としての速読を科学的にシステム化した書と言えよう。

朝日新聞書評コラム「BOOK TIMES」
1995年(平成7年)10月27日 金曜日 夕刊